国内規模最大のガット船団

運航船舶紹介

荷主様の多様な要望に対応できる体制を構築しています。

天旺丸

G/T:749 D/W:2150

L(LOA)×B×D (LPP):82.00×14.30×7.94(m) (74.00)

第十興徳丸

G/T:749 D/W:2100

L(LOA)×B×D (LPP):84.22×13.80×7.65(m) (76.00)

天鶴

G/T:748 D/W:2050

L(LOA)×B×D (LPP):80.00×14.30×7.80(m) (74.00)

冨士岩丸

G/T:732 D/W:2000

L(LOA)×B×D (LPP):84.00×14.20×7.50(m) (76.00)

皇永丸

皇永丸

G/T:699 D/W:2350

L(LOA)×B×D (LPP):77.60×13.20×7.45(m) (70.00)

富栄丸

G/T:699 D/W:2100

L(LOA)×B×D (LPP):76.44×14.00×7.85(m) (70.00)

新福丸

新福丸

G/T:691 D/W:2061

L(LOA)×B×D (LPP):79.20×13.50×7.60(m) (71.70)

晴英

G/T:691 D/W:2053

L(LOA)×B×D (LPP):79.20×13.50×7.60(m) (71.70)

第八大共丸

G/T:690 D/W:2060

L(LOA)×B×D (LPP):79.20×13.50×7.60(m) (71.70)

第5英裕丸

第五英裕丸

G/T:499 D/W:1750

L(LOA)×B×D (LPP):69.71×13.20×7.35(m) (63.00)

第六英裕丸

G/T:499 D/W:1750

L(LOA)×B×D (LPP):70.36×13.20×7.35(m) (63.00)

第七英裕丸

G/T:498 D/W:1730

L(LOA)×B×D (LPP):67.80×13.20×7.45(m) (63.25)

大晴

大晴

G/T:499 D/W:1730

L(LOA)×B×D (LPP):69.71×13.20×7.35(m) (63.00)

將永丸

G/T:499 D/W:1550

L(LOA)×B×D (LPP):71.39×13.00×7.39(m) (63.50)

第二十五豊玉丸

G/T:499 D/W:1531

L(LOA)×B×D (LPP):70.03×13.00×7.39(m) (63.50)

興德

G/T:497 D/W:2095

L(LOA)×B×D (LPP):70.60×13.20×7.45(m) (63.00)

福興丸

G/T:496 D/W:1580

L(LOA)×B×D (LPP):72.40×13.00×7.39(m) (63.50)

神峰

G/T:493 D/W:1700

L(LOA)×B×D (LPP):67.29×13.20×7.50(m) (61.48)

第十八大晴丸

G/T:489 D/W:1700

L(LOA)×B×D (LPP):69.20×13.00×6.42(m) (62.00)

第三十八住若丸

G/T:497 D/W:1500

L(LOA)×B×D (LPP):66.50×13.20×7.20(m) (62.00)

冨士福丸

G/T:489 D/W:1533

L(LOA)×B×D (LPP):70.30×13.00×7.39(m) (63.50)

日和丸

G/T:488 D/W:1550

L(LOA)×B×D (LPP):66.09×13.20×7.20(m) (64.00)

第十八福昌丸

G/T:487 D/W:1500

L(LOA)×B×D (LPP):64.95×13.50×6.95(m) (60.00)

晴麗丸

G/T:446 D/W:1300

L(LOA)×B×D (LPP):68.30×11.80×6.00(m) (62.00)

第一明隆丸 (一般貨物船)

G/T:499 D/W:1600

L(LOA)×B×D (LPP):75.50×12.50×6.93(m) (70.00)

大惇丸(一般貨物船)

G/T:499 D/W:1650

L(LOA)×B×D (LPP):75.80×12.00×7.13(m) (69.60)

大勝丸 (一般貨物船)

G/T:498 D/W:1598

L(LOA)×B×D (LPP):75.25×12.00×7.10(m) (70.50)

夢前丸

G/T:462 D/W:1400

L(LOA)×B×D (LPP):68.00×12.00×6.60(m) (63.7)

建造実績

安定的な輸送量を供給し続けるため

弊社は小池造船グループに所属しており、新造船の建造及び メンテナンスをグループ内で行ない、事業の相互補完体制を整えております。

船舶の老齢化が進む経済情勢の中、安定的な輸送量を供給し続けるために代替建造を積極的に進めております。

建造実績

近年の建造実績

2010年7月 興徳(社船)
2011年1月 皇永丸(社船)
2011年6月 博勇丸(傭船)
2012年1月 聖祐(傭船)
2012年4月 第五英裕丸(社船)
2012年7月 大晴(社船)
2013年1月 進朋(傭船)
2013年7月 三萬吉16(傭船)
2014年2月 清明(傭船)
2014年7月 真海(傭船)
2014年8月 第一明隆丸(社船)
2015年6月 第六英裕丸(社船)
2016年1月 聖耀
2016年5月 聖嶺
2016年10月 夢前丸(社船)
2016年11月 第一勇和丸
2017年6月 第八力栄
2017年6月 大惇丸(社船)

グループ会社