スタッフインタビュー

阪田 崇仁

船長兼ガット士 / 2009年入社

阪田 崇仁

船の仕事を選ばれた決め手は、どのようなことですか?

私は、もともと家業で内航海運業を営んできました。船は、幼い頃から身近な存在で、将来の職は船乗り。それが当たり前のような環境で育ち、船長まで登りつめる夢を抱いていました。船乗りは、一般的な定年の年齢後も健康であれば、現役でやれる仕事です。
しかし数年前、家業の経営が圧迫化し、将来に不安を感じはじめた矢先に、友人から紹介を受けました。当社は、造船会社のグループ企業であり、また定期的な航路の運航もあり、将来性も考慮し入社を決めました。

船上では、どのようなお仕事をされていますか?

ガット船で日本全国の港や防波堤・埋立地まで操船し、荷役(積荷、揚荷作業)しています。
天候状態や荷主様の依頼内容によっては、航路に変更が生じることもあります。
その度に新たな航路を確保しながら、安全航海することに努めています。

お仕事の魅力は、どのようなことですか?

船の仕事は、体力と精神力が不可欠です。
内航船は、昼夜関係なく24時間航海、当直は4時間の交代制。時には、悪化する天候に立ち向かうこともあります。人間なので突然の眠気が襲ってくることもあります。しかし、人の命と荷物を預かり大きな船を動かしているわけですから、気を抜くわけにはいきません。

その中で、新しい土地を訪れる楽しさは、大変魅力的です。航路によっては、走り方も見える景色も異なります。
仕事の内容によっては、 新しい海岸線に埋め立て基盤を造るわけですから、言うなれば日本の沿岸線を作り変え、日本経済に一役担う役割をもっているともいえます。

大きな声では言えませんが、あそこの施設は私たちが最初に基礎を作ったという自負を感じることもあります。

また時折、港で時間がとれる時には、船から降りて地元グルメに舌鼓したり、家族に珍しいお土産を送って驚かせたり、日本全国を見て回れることも、魅力の一つです。

夢は、仕事を通じて日本全国を見て回ること。まだまだ無数に港はありますから、これからが楽しみです。

阪田 崇仁

「船長」として、阪田さんが大切にされていることは何ですか?

船長の仕事の第一は、船員をまとめることです。

私が心がけているのは、まず「自分が動く」こと。
上からモノを言うのではなく、やってみせる。
そして、仕事上締めるところは締める。しかし、厳しいだけでは人はついてきません。 緩めるときは存分に緩める。
私にとって、人をまとめしっかりとした人間関係を築くことのできる人物になるための勉強でもあります。
また数ヶ月間共に仕事を過ごす中で、家族的な絆が生まれそれを感じられることも魅力の一つです。

阪田 崇仁

船内の様子

船長室

テレビやデスクも完備されています。

操舵室

航海中は、ほとんど操舵室で過ごします。